<< 誰が相手でも容赦しないが | Main | おい起きろ! >>
2011.01.09 Sunday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2010.06.08 Tuesday author :

世界に復讐

この間、永遠とジョジョというか承太郎について書いてたんだけど
あまりにも気持ち悪いっていうか、必死っていうか、なんていうか
なんかようわからん感じになったので右上の×を押したんだけど
やっぱり書きたいことは書いたほうがいいよな!と思って
書きたいこと書いたほうがいいよなっていうか

正直ためこんでるのがつらい^^^^^^^^^^^^^^^^^^

承太郎すきすぎてつらい この気持ちどうしたらいいんだろうか
友人にちょいちょい話をしてるんだけど、話すのと書くのとじゃちがうよねー
話下手なので言いたいこと10%もいえないんだ!
しかし文章書くのも下手 なにこれどうしたらいいの\(^o^)/
なんかもう好きすぎてサイトのAboutmeの好に承太郎追加しちゃったし^^^^
後悔はしていない!でも、”好”っていうか”愛”だよね
項目追加するか…愛…愛て^^^はずかしいやつ…って承太郎に言われたいよおおおお
あ、昨日は我等が敬愛する荒木大先生のお誕生日でしたね!オメメタァ!!!!!
当日に祝えなくて残念である´公`むう
去年ジョジョに出会って(以前から存在は知ってたけど)
そんでおもしろいくらいにハマって、今に至るわけですけど
あらきてんてええええ!!!!!!あなたってひとは!!!!!!!
ジョジョという作品を生み出してくれて本当にありがとうございます!!
荒木先生もジョジョも大SUKI!!!!だからいい加減7部読み始めようか、なあ…
うう…でもさああああ考えれば考えるほど、手が出しづらいというか
だって承太郎が承太郎ではないなんて もう、どうすればいいの私
しかも6部のあーんなお話を聞いてしまった後だぜ!?
いや、実は結末が違ったカ モ  っていう話をね、聞いてしまったんですよね
もしかしたら本当の意味でのハッポーエンドだったかもしれないわけであって
いやいやもちろんあのエンディングも好きだけど でも でもさあああ
承太郎は花京院の元へいってしまったわけだよ…はあ
あの時点でおじいちゃんはどうだとかおじさんはどうだとかじょるのはどうだとか
皆承太郎を支援していたと思っていて構いませんね!!って思うとだよ…
ということは、承太郎が娘助けにいくときに研究所から出る寸前とかさー
おじいちゃんは正直どっちかわからんので伏せとくけど(生か死か)
おじさんとじょるのは…「承太郎さん、戻ってきたら一緒に住みましょうね!」とかなんとか
だけど知らぬ間に一巡して自身ではなくなるっていう
プ…プ、プ…プッチイイイィイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!!!!!!!!!
ほんとおま^^^^っていうかDIOの思想を受け継いだにしろちょっと捻じ曲がったよねあれ
自分が悪だと気付いてない悪とか厄介すぎる…^p^プッチきさまこのうやろう
プッチが嫌いだとかそういうわけではないんだけど
承太郎のことを考えると プッチきさま^^^^# って思うしかないっていうか
だからなーうーん 7部;p;ううう 100巻セットできたらそこで…でもいいかなーとも思うし
そろそろ完結って話を小耳にはさんだので、完結してから一気に読むのでもいいし
あーハッピーな話がよみたい 薄い本…薄い本…おっふお
というかそろそろ原稿という名のものに手をつけなければやばいと思いました
原稿て…どうやって作るん^p^初めてのことで右も左もわからんぜー
とりあえず、ネームっていうのをやらないといけないらしい ネーム?^p^
おおまかな話は考えてるけど、おじおい臭がぬけません
なにがなんでもおじおいを組み込みたいとか思ってるからですよねわかります
でも正直じじまごもろたろーも組み込みたい かじょうだって!!!
どうしようかなあーていうかまとまるかなあ…大丈夫かなああああああ
うっうっがんばろう よくわからんなりにがんばろう
誰か承太郎になりすましてメールくれないか あっ承太郎本人からならもっと嬉しいんだが
とりあえず上の文章ほとんどはスルーしてくれて構わない
あーじょうたろーすきすぎてはてそう

| - | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011.01.09 Sunday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 10:16 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://2oo20.jugem.jp/trackback/59
TRACKBACK